トップ > 産み分けについて > 兄弟が同姓の場合

兄弟が同姓の場合

産み分けを考えていらっしゃる方の中には、1人目が男の子でもう一人男の子が欲しい、とか、1人目・2人目が女の子だったから、3人目は男の子の赤ちゃんが欲しい、とか、そういう方もいらっしゃると思います。


世の中には本当に様々な兄弟構成というものがあります。ここでは、兄弟が同姓同士の場合を考えてみましょう。


まず、男同士の兄弟の場合は、子供の頃はライバル心が出ることが多いように思います。子供の頃は多少のケンカをするのが普通の男同士の兄弟でしょう。


このこどもの強いライバル心を生かすも殺すも親次第だと私は思います。よく聞く話では、兄と弟で兄のほうが出来がよく、弟が出来が悪い場合、親が兄ばかりをかわいがり、弟が嫉妬してしまうケースです。これはとても最悪なことなので、必ず平等に接してあげることが必要だと思います。


兄と弟、平等に接することで、二人のライバル心をいい方向へと導いていってあげられると思います。例えば、学校の勉強を例に挙げれば、算数はお兄ちゃんのほうができるけど、国語は弟のほうがよくできる。そういうことを2人とも褒めてあげたりしたらよいのではないかと思います。こうやってライバル心をうまく良い方向へ導いてあげれば、二人ともの個性をうまく伸ばしてあげられることができるんじゃないかな?と思います。


あと、学生時代にむちゃしてるような子は、だいたいが男同士の兄弟がいたように感じます。特に兄がいる子は学生時代にむちゃしてるように思います。3人男ばかりの兄弟の場合、一番上のお兄ちゃんは妙に落ち着いていて、下の2人がけっこうむちゃしていた、というケースを私は何人も知っています。


でも、学生時代にむちゃしてた(俗に言うヤンキー もう死語でしょうか?)子は、だいたい同窓会などで会うと、ものすごくまじめで楽しそうに仕事をしていて輝いていることが多いようにも感じます。

女同士の姉妹の場合は、2人とも相手のことを思いやって、仲良く成長していくことが多いように感じます。姉妹は育てやすいとも言われていますよね。ただ、姉妹の場合も兄弟と同じく、どちらかだけを褒めるということは、幼少時代からしないように、平等に愛を注いであげることが大事だと思います。


私の高校時代の女友達に、一般的に見たらとてもかわいくて、男子からも人気のある子がいました。しかし、彼女は心に闇のようなものを持っていました。話をよく聞いてみると、いつも姉ばかりを親がかわいがっていたそうです。それを妬んで少しひねくれた部分を持っている子でした。


まあ、高校くらいになるとそういう妬みも薄れ、姉妹で一緒に買い物とか行ってて仲は良さそうでしたけれども。でも、姉だけを褒めるということをすると、妹はこのように思ったまま育ってしまうことがある、ということです。

>>特集!煮沸消毒しなくてもよい赤ちゃんのミルク

>>たまには家事をさぼりたい。。。
>>そんなあなたへ。ちょっとしたご褒美。
>>食材宅配サービスランキング


この記事のカテゴリーは「産み分けについて」です。
産み分けについてのコラムなど
関連記事

普通の日記

たまには、ネットで普通の日記もかいてみたくなって、書いてみます。「ネットで」って...

産み分けと時代背景

産み分けを真剣に考える方が増えているようです。 その大きな理由に、出生率の低下が...

産み分けと倫理観

産み分け方法を研究して実践する際に、なにか悪いことをしているのではないか?と感じ...

男の子の産み分け 迷信?

男の子を産み分ける方法には、少し変わったものや迷信のようなものもあります。そんな...

女の子の産み分け 迷信?

女の子を産み分ける方法には、いろいろな迷信があるようです。信じる・信じないはあな...