トップ > 産み分けについて > 産み分けと倫理観

産み分けと倫理観

産み分け方法を研究して実践する際に、なにか悪いことをしているのではないか?と感じられる方もいらっしゃると思います。後ろめたさのようなものを、です。


産み分け方法を実践することによって、生命を粗末にしているような気分になることがあるかもしれません。産まれてくる赤ちゃんに性別を求めることが、ぜいたくなのだろうか?と考えることもあるかもしれません。赤ちゃんという新しい命は、元気で生まれてくれれば、本来はそれで十分幸せなことですし、素晴らしいことです。


しかし、家業などの男の子の跡取りが絶対欲しい、などの理由や、女の子の赤ちゃんが絶対欲しい!などの希望もあるかと思います。


そういう時は、産み分け方法に悪い気持ちを抱かず、胸を張って行ってよいと私は思います。そして、産み分けが成功しても、例え、望む性別の赤ちゃんが産まれなかったとしても、産まれてきた赤ちゃんを心の底から愛していけば、それでいいのだと私は思います。

>>特集!煮沸消毒しなくてもよい赤ちゃんのミルク

>>たまには家事をさぼりたい。。。
>>そんなあなたへ。ちょっとしたご褒美。
>>食材宅配サービスランキング


この記事のカテゴリーは「産み分けについて」です。
産み分けについてのコラムなど
関連記事

普通の日記

たまには、ネットで普通の日記もかいてみたくなって、書いてみます。「ネットで」って...

産み分けと時代背景

産み分けを真剣に考える方が増えているようです。 その大きな理由に、出生率の低下が...

産み分けと倫理観

産み分け方法を研究して実践する際に、なにか悪いことをしているのではないか?と感じ...

男の子の産み分け 迷信?

男の子を産み分ける方法には、少し変わったものや迷信のようなものもあります。そんな...

女の子の産み分け 迷信?

女の子を産み分ける方法には、いろいろな迷信があるようです。信じる・信じないはあな...