トップ > 産み分けについて > 男の子は手がかかる?

男の子は手がかかる?

産み分けを考えておられる方の中には、「男の子は育てにくいので女の子を産み分けたい」という考えの方もいらっしゃるようです。


まず、子供の頃に病気にかかる確率が高いのは、女の子よりも男の子のほうが高いようです。しかし、昔とは違い、今は医学も進歩しているので、これに関してはそれほど心配する必要はなさそうです。


さらに男の子は幼少時代に事故にあう可能性が女の子よりも高いというデータもあります。男の子は女の子よりも活発に動き回るので、それが事故にあう確率を高めていると考えられます。これは親が十分注意するようにすれば、女の子であっても男の子であっても防げます。特に男の子の場合は、飛び出し事故などに合わないよう、十分注意してあげましょう。


あとは、反抗期の問題でしょうか?反抗期は女の子でも男の子でも、個人差はあれ、誰にでもあるものです。しかし、男の子のほうが激しいというのはあると思います。これも親の努力で乗り越えられるものです。


こうやって見ていくと確かに女の子よりも男の子のほうが育てるのに手がかかる、といえるかもしれません。でも子供は手がかかるほどかわいいとも言いますね。

>>特集!煮沸消毒しなくてもよい赤ちゃんのミルク

>>たまには家事をさぼりたい。。。
>>そんなあなたへ。ちょっとしたご褒美。
>>食材宅配サービスランキング


この記事のカテゴリーは「産み分けについて」です。
産み分けについてのコラムなど
関連記事

普通の日記

たまには、ネットで普通の日記もかいてみたくなって、書いてみます。「ネットで」って...

産み分けと時代背景

産み分けを真剣に考える方が増えているようです。 その大きな理由に、出生率の低下が...

産み分けと倫理観

産み分け方法を研究して実践する際に、なにか悪いことをしているのではないか?と感じ...

男の子の産み分け 迷信?

男の子を産み分ける方法には、少し変わったものや迷信のようなものもあります。そんな...

女の子の産み分け 迷信?

女の子を産み分ける方法には、いろいろな迷信があるようです。信じる・信じないはあな...